能は日本が誇る無形文化財ですw

お勧め漫画

いやはやどうもどうも、坂本ジャクソンですよ。

皆さん能を見たことありますか?私は残念ながらないのですが興味はありますw

私自身幼いころ地域の行事で三番叟(さんばそう)という能をやったことがあります。まあ五穀豊穣を祝う舞とされていて千歳・翁・三番叟の3者で舞う能をやったことがあります。今もすこーしですがセリフを覚えてますねw

まあ上記も興味に繋がる一つなのですが、もう一つ興味に繋がるものがあります。

やっぱり織田信長様ですね、織田信長は能の敦盛(あつもり)が好きで戦の前に踊ったりしたそうです。もちろん信長の野望のOPムービーでも敦盛の歌詞、人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり等が使われていたりしますw

まあ、こういった事情もあり私は能に興味があるんですが皆さんは興味ありますか?興味がなくとも何かしらの能面は見たことがあるはずです、有名どころで般若面・翁・女系等沢山あります。調べて知ったのですが獅子舞の頭も能の面に入るみたいです。

最近ペンタブレットを購入しましたので参考画像として今度描いておきますのでちょいとおまちくださいね。いままでアップさせていただいたブログにも参考画像として自作の絵を上げさせていただきますのでよろしくお願いしますw

描いてみましたw小面も今書いてる途中ですw

前置きがずいぶん長くなってしまいましたが今回ご紹介する漫画は…

織田涼先生で

能面女子の花子さんをご紹介しますw

大まかな作品内容

タイトルにもさせてもらいましたが、能は日本が誇る無形文化財です。能を演じるのに面は欠かせないものかと思いますが、能面には多種多様な種類があります。

【能面】多くは無表情の代名詞とされるが能舞台では人の多種多様な感情を表現し人々を魅了してやまない

そんな能面を家の掟で幼いころから人前では着用を義務付けられ、いかなる時も外さず生活する女子高生 泉花子の面白おかしい物語ですw

主な登場人物とストーリー

主人公 泉花子は上記にも書いた通り家の掟で幼いころから能面を着用することを義務付けられ育ってきた、着用している面は女系の面で小面(こおもて)をつけている。現代社会とのミスマッチ間が半端ない女の子であるw

人前では常に能面を着用している花子は通学中・授業・食事あらゆる私生活で外すことはない、クラスメイトからは怖がられすれ違う人達からは何だあれと見られるが全然気にもとめない強い心の持ち主。

普通能面を常につけて過ごす事は嫌なはずそのせいで陰口をたたかれたりもするが、変わった女の子で能面用のミニチュアの家を作ってみたりスペアの面を使った遊び・能面鬼ごっこ!を考案して遊んだり、陰口たとえば「見慣れないってのもあるけど、夢に出てきそうで怖いよな」という言葉を聞いても「自分の第一印象を聞く機会なんてないでしょ」といい面白がっているw

小さい子供が好きで大食感、お重いっぱいのお弁当を持参するほど、スタイルも抜群で一部からは才色兼備説つまり美女ではないかと生徒からうわさされている(美女希望)w肌の手入れ特に美白には気を付けており面の下、頬あたりを少し見せたことがあり一部の女子からは美白対策として面をつけるのもあり?と言われてたりするw

能面に汚れが付く等あんまり気にしない性格で担任の教師や母親から注意を受けたりもするw

友達1 江口香穂は高校に入学し花子に初めてできた女友達。最初はすごく怖がっていたが花子の人となりを知っていきすごく仲の良い友達となるが不意を突かれて面におびえることがあるw作中に登場するアニメキャラクター?ジョバンニが大好きなちょっと変わった小さい女の子。

友達2 相川賢司は小学校からの幼馴染で花子とは別の高校に通っている。花子に恋心を寄せているが花子からは弟扱いされている。かわいい系のイケメン。花子と共に能面を身近に過ごしてきたため能面に対する恐怖はなく一緒に能面鬼ごっこを楽しんでいたちょっとした変わり者w特技は料理で花子のお重いっぱいのお弁当は朝早くから花子と共に作っているスペック高めwちょっと勉強が苦手。最近の悩みは花子からもらった能面を部屋に飾っているのだがその面から視線を感じエロ本が読みにくいことw

友達3 松田三郎は能楽師一家の次期当主の能楽師、好みの女性は小面のような女性。技術に優れるだけではなく抜群の容姿(つまりイケメン)でファンクラブがあるほどの人気者。出かけた先で外国人観光客に写真を頼まれ花子と出会い一目惚れをする。能楽師の一家に生まれ育ったためか花子の面から花子の心を読み取ることができる。花子からは天敵扱いされているwとある出来事で相川賢司と仲良くなり弟のように可愛がるが花子との恋愛関係がらみのみ手玉に取る策士。

書籍・メディア情報

『ITAN』27号から連載を開始したが休刊してしまい現在は『BE・LOVE』および『コミックDAYZ』(いずれも講談社)に移籍して現在も連載中です。

単行本は現在4巻まで発売されており第5巻は2019年夏ごろ発売予定と4巻の巻末に記載されている。

今のところアニメなどの情報はないですが個人的にはアニメ化してほしいなと思っていますw是非お願いしますw

最後に

今回も熱く書きすぎてからまわっちゃたかもしれませんが、私の漫画愛が少しでも皆さんに伝わって読んでみたいなとおもってもらえたら恐縮です。

まだまだブログの書き方がへたくそで画像なども少なく見ずらいかもですが少しずつ改善していこうと思っています。少しでも皆さんに興味を持ち楽しんでいただけるよう頑張りますのでこれからもよろしくどうぞお願いいたします。最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

でわまたw