よつばと!さかもと!w

お勧め漫画

いやはやどうもどうも、坂本ジャクソンですよー。

また久しぶりの投稿になってしまいまして、一月ぶりぐらいですかねw

ここ最近絵を描いたりちょいと仕事が忙しかったりでゲームをなるべく我慢していたのですが、その反動でめちゃめちゃゲームがやりたくてたまりません。というか最近よくやってますw

最近はゴッドイーター2レイジバーストと友人が凄く競馬に詳しいのでウイニングポスト2019をやっています。特に今回のウイニングポストはライバル対決に重点を置いているのでナリタブライアンとライバルになってG1で雌雄を決する何ていう競馬ファンにはたまらない演出が盛りだくさんなのですwめっちゃたのしぅぃー v( ´∀` )v

私自身あまり競馬はわかりませんがゲーム好きなので競馬ゲームの名作ダービースタリオンもスーファミで楽しんでいたのでウイニングポストもかなり楽しく遊べていますw色んな競馬関係者や調教師に騎手の方々とも仲良くできたり牧場を大きくしたり海外G1・地方戦も熱く楽しいですよw興味のある方はぜひやってみてくださいなw

それとまた個人的にはまっているのが駄菓子なんですよねw私の最近の一押しはおやつカルパスですね。一つ食べるとすごく後味を引くので何個も食べてしまう、魅惑の駄菓子です。お酒好きのかたは酒の肴にもよいかもですねw

まあ、前置きはこれくらいにして今回紹介したいのは…

あずまきよひこ先生で

よつばと!をご紹介します。

大まかな作品内容

この作品の主人公、自由奔放でちょっと変わった女の子小岩井よつばとよつばの保護者とーちゃん(小岩井葉介)の親子が夏休み前日に引っ越してくるところから始まります。お隣の一家、綾瀬三姉妹とその家族と仲良くなったり地球温暖化を恐れたり鳥よけの風船が怖かったりパンツマント対決したり遠い海の向こうの島から来たらしい不思議な女の子、小岩井よつばがはじめて体験する出来事が毎日たくさん待っている。その日から始まる、よつばに振り回される周りの人達との日常を描いたハートフル?コメディー。

登場人物紹介

小岩井よつば

どんなことにでも全力で接し、大人が気付かないような小さな出来事にも面白さや感動を見出す感受性が豊かな子。年齢は5歳だが、本人は6歳だと勘違いしていた。保育園や幼稚園には通っていない。一人称は『よつば』。出自は不明でとーちゃんが海外で拾った?まあ、なんやかんやで保護者になったらしいことしかわかっていない。

ボキャブラリーが豊富で時々大人びたことも言う。敬語はあまり使わずというか使い方が下手w運動が得意、特に水泳が。世間の常識にやや疎く、とーちゃんにも「変な奴」と思われている。幼児らしく素直で信じ込みやすい性格で、周囲の大人による冗談や躾のための嘘を信じて疑わない。とーちゃんが目を離すとすぐにどこかに行ってしまう。叱られたとしても反省することは少ない。

お菓子や肉に異常な執着を持っている。特にタン塩・ケーキ・アイスクリームが大好物。赤や黄色等の明るい色が好き。鳥よけ等の丸い大きな目のような風船やフクロウの丸く大きい目が苦手。寝相が凄く悪く、無理矢理起こされるとすごく機嫌が悪いが自分で目覚めたときは非常に目覚めがいい。

お気に入りのテディーベア(ジュラルミン)をよく連れて歩いている。

小岩井葉介(とーちゃん)

よつばの父、独身。結婚歴・年齢は不明。よつばについては「南の島で拾った」と言っている。もっとも、どのような経緯で出会ったかは語っておらず、血縁関係も不明である。職業は翻訳家。どんな言語を翻訳しているかは不明。

仕事柄家にいることが多く仕事が終わると頭からパンツをかぶりパンツマンとなってよつばと遊んであげていたりする。カナヅチ。

夏の間は本人曰くパンツにTシャツ姿でクールビズと称している。友人のジャンボとは親友である。

綾瀬風香

隣に住む綾瀬家の二女。16歳の高校2年生、髪型はショート。気立てが良く面倒見がいい性格で高校でも生徒会の副会長を務めている。むっちりした体形で胸が大きい、足が太いなど体系の事を少し気にいているお年頃の女の子。非常にしっかりしているが、天然ボケな面もあり周囲と少しずれた行動や発言で周りが呆れてしまうことが多い。いつまかわったプリントのTシャツを着ていたり、鞄に変わったキーホルダーをつけている。本人は可愛いと思ってるみたいだが周りの反応は微妙。芸術センスに乏しく、描いた絵はよつばにも内容が理解できない程。

よつばにとっては、面倒見の良いお姉さんという存在である。町内会でも子供にとても懐かれており、評判が良い。片思いの相手がいたが告白する前に失恋している。しかし、結構持てるらしくラブレターをもらったり、海でナンパされたりしている。そして運動はあまり得意ではない。泳げない。

綾瀬あさぎ

綾瀬家の長女。大学生。髪型はストレートで腰まで届くロングヘア。長身・小顔・痩せ型とモデル並のスタイルの持ち主でジャンボ曰く「すげえ美女」と一目惚れしている。ヤンダが初めて会った際にもモデルかと勘違いしたほど、男性にモテるらしく今のところ相手からフラれたことがないらしい。風香によれば彼氏がいたらしいが、現在は不明。容姿や性格は父親いわく昔の母親似らしい。時折意地悪な冗談を言うなど、良くいえば小悪魔・お調子者といった性格である。だが、よつばに対しては「可愛い」「面白い」という感情が強いせいか、面倒見のいい一面を見せる。よつばを上手くまるめこんで納得させる名人。テディベアを自作した経験を生かし、壊れたジュラルミンを直したこともある。

綾瀬恵奈

綾瀬家の三女。小学四年生、髪型はセミロングで普段はおろしていて運動する際には二つに結んでいたりする。よつばと比較的年齢が近いためか、一緒に遊んだりレジャーに連れて行ってもらうことが多い(魚釣り・虫取り・キャンプ等)。おしとやかそうな外見とは裏腹に度胸が座っており、物怖じしない性格で動物が好き。虫やカエルなどの動物も平気。チャレンジ精神も旺盛で、作中でジャンボから魚の捌き方を教わり自ら捌いていた。勝負事は本気で頑張るタイプ。よつばの夢を壊さない事が大事らしく、みうらが「ダンボー」の正体を明かそうとすると、普段の行動からは想像出来ない止め方をしたりすることもある。よつばに対しては保護者もしくはお姉さんとしての責任感が強いようである。絵がとてもうまかったり、ぬいぐるみを自分で修繕する、非常に凝ったデザインの肩たたき券を作るなど、姉の風香とは違い芸術的センスに恵まれている。熊のぬいぐるみに、それぞれ「アン」「ジュリエッタ」「ゼペット」という名前を付けて大事にしており、部屋に一人でいる場合は話しかけるなど少女らしい一面も見られる。よつばより年上であるが、よつばには「子供」と認識されている。

綾瀬家の母

よつばを実の娘のように可愛がっていて、互いに実の親子の如く接している。よつばは自身に母親がいないことも相まってか、彼女の事を「かーちゃん」と呼んでいる。滅多なことでは怒らず、よつばが布団に包まって階段を転げ落ちるなど、本当に危ないことをした場合のみ叱ったりしている。三姉妹の父である夫によると、若い頃はあさぎと似て少しドライな性格だったようである。

綾瀬家の父

いつも笑顔を絶やさず、大抵のことには動じない性格で、よつばの意味不明な言動にも笑って返す大らかな人物である。風香の失恋を知った時には「失恋なんか許さないぞ」と取り乱したり、また風香のちょっとずれたギャグに反応を示すなど、娘に関わる出来事には大きなリアクションを見せることがある。また、恵那にもらった肩たたき券の最後の一枚は彼女が結婚して家を出て行く際に使うと言って大事に持つロマンチストな面があり、この性格は風香に受け継がれている。あさぎから知らない人や故人扱いされるほど存在感が薄い。よつばには「おっちゃん」と呼ばれている。

武田隆(ジャンボ)

とーちゃんの親友で、身長2m10cmの巨漢。とーちゃんとは幼馴染のようで現在でも交流を持っている。実家はお花屋さんで休みの前日や休みの日には小岩井家に訪れよつばと遊んでやったりとーちゃんと談笑している。ざっくばらんで面倒見がいい性格でアウトドアな趣味が多くよつばや恵那・みうらを釣りやキャンプ等遊びにつれていったりする。涙もろく早合点することが多い。

あさぎに惚れているが、恥ずかしがりの為一向に進展しない。よつばのあいまいな説明のせいであさぎの友人の虎子のことをあさぎの彼氏と勘違いしている。

安田(ヤンダ)

とーちゃんとジャンボの後輩(何の後輩かは不明)。下の名前は不明。外回りの営業職をしているらしく初登場時には突然小岩井家に訪れ、よつばの静止を振り切り家に侵入し持参したカップ麺とおにぎりを食べていく。初対面で早くもよつばに敵対心を抱かれ『かえれ!』『へんなやつがきた!』と悪態をつかれるがよつばから心底嫌われているわけではない。自称よつばの兄貴的存在w

意外と子供好きでシャボン玉セットを用意して遊んでやったり、キャンプに同行し子供達の面倒を見てやったりする一面もある。

早坂みうら

恵那の友達で小学校の同級生。ボーイッシュな外見で男の子のような言動をするが一人称は私。男の子に間違われるのを嫌がっておりジャンボに男と間違われた際には不快感をああらわにしている。恵那とよく遊んでいるのでついでによつばとも遊んでいる。

頭の回転が速く状況の呑み込みが早い、ジャンボのあさぎへの恋心に気付きジャンボを脅して自分たちに便宜を図らせるよう抜け目のない性格をしている。見た目とわうらはらに虫やカエルなどが大の苦手で近づくだけで激しく動揺してしまう。

虎子

あさぎの友人でおそらく同じ大学に通う同級生。黒髪のショートカットで長身の、マニッシュ(男性的なさま、紳士的なスタイル。)な女性。苗字は不明。あさぎとは仲が良く一緒に沖縄に旅行に行った入りしている。十分スマートなあさぎに痩せすぎと言われる程スマートな女性。性格はクールでニヒル。常に眠たげな眼をしている。

本人は子供が苦手と言っているがよつばの事は面白いと思っており一緒に留守番をしたり遊んでやったりしている。よつばにもらったお土産を自分の車のダッシュボードに乗せている。写真の練習でなんどかよつばを撮影している。

よつばからはトラと呼ばれかっこいいと思われている。喫煙者で喫煙理由としてかっこつけてんのと説明している。よつばのあいまいな説明とトラという呼び名、『とらはかっこいい』『あさぎとお出かけ』という発言の為ジャンボはあさぎの彼氏と勘違いしている。しかしジャンボとは面識がない。

日渡(しまうー)

風香の友人で同じ高校に通う同級生。髪型は黒髪のショートヘアーで少し細身の女の子。学校での自己紹介で『よろしくお願いしまう』とかんでしまい、しまうーとあだ名をつけられてしまう。おとなしそうな外見をしているがシュールな創作ダンスを踊ったり文化祭で出すケーキの練習をする際プロが使うコック帽を購入し持参するちょっと変わった完成の持ち主。

ダンボー

恵那とみうらが夏休みの自由研究で作った、ダンボール製ロボット型スーツ。実際には中に入って動かせるがよつばは本当のロボットだと思っている。目の部分に電球が仕掛けられており、頭の横についているスイッチをONにすることで光るが自力ではスイッチを操作できない。頭部として使っている箱に全ての部品を収納して持ち運ぶことができる。

最後の調整をするためにみうらが試着しているところをよつばに見つかり、ノーベル賞を取った博士に作られたエコロジーなロボットとよつばに説明している。電機ではなくお金で動くなど空を飛んできたなどいろいろな設定がある。

書籍・メディア情報とほかの作品

月間コミック大王にて連載中。かなり休載が多い。

単行本

2019年4月11日現在で1~14巻まで発売している。

よつばとえほん 

『よつばとしろとくろのどうぶつ』2016年12月16日に発売されている。絵と文は作者のあずまきよひこ先生。

CD 

ドラマCDではなくよつばの生活風景を表現した音楽CD

グッズも多数あり フィギュアやダンボーの顔をした携帯の充電バッテリー等がある。

最後に

あずまきよひこ先生の過去作品である、あずまんが大王も多変面白いです。よつばとの作中でも『ちよちゃんのおとーさん』『こねこねこ』などあずまんが大王で出ていたキャラなども出てくるのでこちらも読んでみるとよりよつばと!を楽しく読めると思いますよwちなみにあずまんが大王は基本4コマ漫画形式で進んでいくお話ですw

あずまんが大王はアニメ化もされているのでよかったら検索してみてねw

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

漫画の紹介だではなく、今はまってることなどの紹介など小ネタをはさみながら次も新しい投稿に向けて頑張っていきます。

これからもよかったらご一読ください。

でわ、また。